ブログ

2019.04.18更新

 こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 『 東洋医学の考え方 ~頭痛~ 』 について書きたいと思います!

 

 

 

201904181

 

 

 

下記は東洋医学の頭痛の原因です

 

 

 

 

 

●風寒(ふうかん)

●風熱(ふうねつ)

●風湿(ふうしつ)

●肝陽上亢(かんようじょうこう)

●痰湿(たんしつ)

●瘀血(おけつ)

●腎虚(じんきょ)

●気血両虚(きけつりょうきょ)

 

 

 

 

 

何やら難しい漢字が並んでおりますが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風寒」「風熱」は、いわゆる 風邪を引いている人 に多くみられる頭痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪を引いてしまい、頭痛があった場合、どちらかの頭痛かもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒気が中心 で発熱してもあまり高く上がらないのは「風寒」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高熱 がでるのが「風熱」の特徴です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に 「 肝陽上亢 」 ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事や家庭、生活環境などの ストレス 悩み事 が主な原因となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを 我慢 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラが爆発 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにそれが 長期化 して現れてくる頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏頭痛型で片側にみられることが多く

 

 

 

こめかみから頭のてっぺんにかけての痛み

 

 

 

持続的に張っているような痛み

 

 

 

精神的な緊張によって悪化

 

 

 

頭痛の痛む箇所が移動する

 

 

 

などの特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな頭痛がある方は鍼灸治療をしてみてはいかがでしょうか (^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの原因、「痰湿」「風湿」「瘀血」「腎虚」「気血両虚」はまたの機会にご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

  • はりきゅう資生堂今野接骨院 BLOG
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 facebook