ブログ

2019.06.07更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も 「 頭痛 」 のお話をさせていただきます

 

 

 

201906071

 

 

 

 

『 東洋医学の考え方 ~頭痛~ 』 第4弾!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までの内容は以下のとおりです。

 

『頭痛①』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

『頭痛②』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-94-679563.html

 

『頭痛③』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-95-680671.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 『 気血両虚(きけつりょうきょ) 』『 腎虚(じんきょ)による頭痛です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、 『気血両虚』

 

このタイプの頭痛は、食欲がなく食事量が少なくなっている方、疲労がたまっている方、大きな病気をしている方、手術の経験者、産後など、これらが原因でおこる頭痛です

 

 

 

 

 

めまい感や体のだるさ、食欲不振、やる気がでない、動悸などを伴ったりもします (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に『腎虚』

 

腎虚による頭痛は、老化や疲労、体力の低下などに伴って起こる頭痛

 

 

 

 

 

腰や膝のだるさ、耳鳴り、難聴、頻尿などの症状を伴います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『気血両虚』にしても『腎虚』にしても

 

共通するのは

 

 

 

 

 

頭痛①~③でご紹介した頭痛に比べて

 

 

 

 

 

痛みの程度は強くはなく、鈍痛です

 

 

 

 

 

また、発病も急に起るものではなく、徐々に発症

 

 

 

 

 

疲労により悪化 するという特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった症状がある方は、もちろん鍼灸治療がおすすめです

 

 

 

 

 

その他、セルフケアとして

 

 

 

 

 

「足三里」や「太渓(たいけい)」にせんねん灸をするのも良いと思います (^_^)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事としては

 

気血両虚の方は、

 

じゃがいも、さつまいも、やまいも、キャベツ、豆類、桃、さくらんぼ、クコの実、なつめ、栗、もち米、真鯛、フグ、ヒラメ、カレイ、卵、鶏肉、羊肉などが良いです。

 

 

 

 

 

腎虚の方は、

 

くるみ、エビ、こまつ菜、アスパラガス、ゴマ、バナナ、れんこん、きくらげ、クコの実、真鯛、卵、豚肉、スッポンなどがおすすめですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、お試し下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

  • はりきゅう資生堂今野接骨院 BLOG
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 facebook