ブログ

2019.06.14更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は今まで紹介した 頭痛 の原因についてのまとめ!

 

 

 

201906141

 

 

 

 

 

① 風邪を引いたときに起る頭痛は 『風寒(ふうかん)』 or 『風熱(ふうねつ)』

 

 

 

② ストレスや悩み事、我慢などで起こる片頭痛などの頭痛は 『肝陽上亢(かんようじょうこう)』

 

 

 

③ 暴飲暴食や偏食など、不摂生な食事が習慣化し胃腸に負担をかけていて、前頭部に重だるい頭痛があるのは 『痰湿(たんしつ)』

 

 

 

④ お天気予報頭痛は 『風湿(ふうしつ)』

 

 

 

⑤ ケガや事故、大病、手術などの経験があり、慢性的に固定性に刺されるような頭痛は 『瘀血(おけつ)』

 

 

 

⑥ 痛みの程度は強くはなく鈍痛で、徐々に発症し疲労により悪化する頭痛は 『気血両虚(きけつりょうきょ)』 or 『腎虚(じんきょ)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは前回までの投稿をご覧ください。

 

 

 

『風寒』『風熱』『肝陽上亢』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

 

 

 

『痰湿』『風湿』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-94-679563.html

 

 

 

 

『瘀血』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-95-680671.html

 

 

 

 

『気血両虚』『腎虚』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/06/post-97-683148.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.06.07更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も 「 頭痛 」 のお話をさせていただきます

 

 

 

201906071

 

 

 

 

『 東洋医学の考え方 ~頭痛~ 』 第4弾!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までの内容は以下のとおりです。

 

『頭痛①』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

『頭痛②』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-94-679563.html

 

『頭痛③』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-95-680671.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 『 気血両虚(きけつりょうきょ) 』『 腎虚(じんきょ)による頭痛です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、 『気血両虚』

 

このタイプの頭痛は、食欲がなく食事量が少なくなっている方、疲労がたまっている方、大きな病気をしている方、手術の経験者、産後など、これらが原因でおこる頭痛です

 

 

 

 

 

めまい感や体のだるさ、食欲不振、やる気がでない、動悸などを伴ったりもします (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に『腎虚』

 

腎虚による頭痛は、老化や疲労、体力の低下などに伴って起こる頭痛

 

 

 

 

 

腰や膝のだるさ、耳鳴り、難聴、頻尿などの症状を伴います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『気血両虚』にしても『腎虚』にしても

 

共通するのは

 

 

 

 

 

頭痛①~③でご紹介した頭痛に比べて

 

 

 

 

 

痛みの程度は強くはなく、鈍痛です

 

 

 

 

 

また、発病も急に起るものではなく、徐々に発症

 

 

 

 

 

疲労により悪化 するという特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった症状がある方は、もちろん鍼灸治療がおすすめです

 

 

 

 

 

その他、セルフケアとして

 

 

 

 

 

「足三里」や「太渓(たいけい)」にせんねん灸をするのも良いと思います (^_^)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事としては

 

気血両虚の方は、

 

じゃがいも、さつまいも、やまいも、キャベツ、豆類、桃、さくらんぼ、クコの実、なつめ、栗、もち米、真鯛、フグ、ヒラメ、カレイ、卵、鶏肉、羊肉などが良いです。

 

 

 

 

 

腎虚の方は、

 

くるみ、エビ、こまつ菜、アスパラガス、ゴマ、バナナ、れんこん、きくらげ、クコの実、真鯛、卵、豚肉、スッポンなどがおすすめですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、お試し下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.24更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

今回は『 東洋医学の考え方~頭痛~ 』 第3弾!!

 

 

 

201905241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までの内容としては、頭痛の原因 について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと難しい言葉ですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風寒(ふうかん)」

 

「風熱(ふうねつ)」

 

「風湿(ふうしつ)」

 

「肝陽上亢(かんようじょうこう)」

 

「痰湿(たんしつ)」

 

 

 

これらについて分かりやすく解説させていただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 えっ!? こんなことが原因で頭痛になるの? 」

 

 

 

 

 

という内容も含まれているかもしれませんよ (゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までの頭痛の原因は下記よりご覧いただけます

 

『頭痛①』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

『頭痛②』

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/05/post-94-679563.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 第3弾 ということで

 

 

 

 

 

『瘀血(おけつ)』 による頭痛をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「瘀血」とは、「血」の滞り・詰り・よどみ などを指す東洋医学の用語です

 

 

 

 

 

つまり、血液の循環・代謝が悪くなっているイメージです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重症例として、動脈硬化、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、がん など...

 

 

 

 

 

これらの病気がなくても、「瘀血」は形成されると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「瘀血」は、

 

 

 

骨折や脱臼

 

転倒や交通事故などによるケガ

 

手術の経験者

 

長期間の我慢のし過ぎ

 

長期間のストレス

 

偏食が習慣化している方

 

慢性的に大病を患っている方

 

 

 

などの原因によって形成されると考えられています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この『瘀血』による頭痛の特徴ですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性に固定性(頭痛する部位が一定)に刺されているような頭痛 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他に...

 

 

 

ズキズキと激しく痛む、夜も痛い、女性の場合、生理前に頭痛があり、月経血とともに血の塊が下がることによって頭痛が軽減するなどの症状がみられます

 

 

 

 

 

また、顔色や唇、舌の色が悪く、暗紫色をしめします

 

 

 

 

 

シミやそばかすが多い方も瘀血がある方の特徴です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような頭痛がある方は、自分で行うセルフケアというよりも、 鍼灸院での治療をおすすめいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は残りの『腎虚(じんきょ)』『気血両虚(きけつりょうきょ)』による頭痛をご紹介します

 

 

 

乞うご期待 ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.16更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

副院長の弘務です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、以前取り上げた「東洋医学の考え方 ~頭痛~」の続編!!

 

 

 

20190516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は「肝陽上亢(かんようじょうこう)」による頭痛「風寒(ふうかん)」「風熱(ふうねつ)」による頭痛をご紹介させていただきました

 

 

 

 

 

詳しくはこちらでご確認いただけます

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は『痰湿(たんしつ)』『風湿(ふうしつ)』による頭痛をご紹介させていただきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは『痰湿』によるものですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『痰湿』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不摂生な食生活!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘いものや脂っこいものの過食や偏食、暴飲暴食、また水分の取り過ぎ、お酒の飲み過ぎなどで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸に負担をかけることによっておこる頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっ?胃腸に負担をかけると頭痛が起こるの?」

 

 

 

 

 

っと思うかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすい例をあげると...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いもこれに相当します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、お酒でなくても胃腸に負担がかかると起こります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった食生活を続けると、東洋医学では 身体の中に「水がとどこおる」または「余分な水がたまる」 と考え

 

 

 

 

 

これを総称して「痰湿」と呼んでいます (^_^)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては

 

 

 

 

 

とくに前頭部の付近に痛みを感じ

 

 

 

頭はぼんやりし、重だるい感じ

 

 

 

 

 

頭痛以外の症状としても

 

 

 

体が重だるい

 

胸がつかえる

 

吐き気や嘔吐

 

などがみられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に『風湿』によるものですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天気予報頭痛」ともいいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、雨や雪、低気圧、梅雨の時期などに強く症状を現わすタイプの頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降る前に頭痛する方はこのタイプかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

この『風湿』による頭痛は、先程紹介した「痰湿」が体に溜まっている人がこれらお天気の影響で症状を発症します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては

 

 

 

 

 

頭を締め付けられるような、押さえつけられるような頭痛で頭が重い感じを伴います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の症状としては

 

 

 

体が重くだるい感じ

 

顔面部のむくみ

 

おしっこの量が減る

 

食欲不振

 

吐き気

 

めまい

 

などがみられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これら『痰湿』『風湿』ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも「痰湿」の影響を受けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「痰湿」がなかなか厄介なもので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治りづらい (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのであまりに「痰湿」が重度な方は食生活の改善が必要となります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボとしては「豊隆(ほうりゅう)」「中脘(ちゅうかん)」「陰陵泉(いんりょうせん)」などを使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボの部位については機会があればご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せんねん灸をする方はお灸でもいいと思いますよ ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの『瘀血(おけつ)』『腎虚(じんきょ)』『気血両虚(きけつりょうきょ)』はまたの機会にご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.14更新

こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の弘務です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、仙台国際ハーフマラソン があり、宮城県鍼灸師会 の事業で今年も ボランティア に行ってきました ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は天気にも恵まれて、暑すぎず、寒すぎず、ちょうど良い気温で、選手の皆さんも走っていて気持ちよかったのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は重症な方は少なかったのですが、ここ数年で 最多!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70名越え の利用者ということで大盛況でした!!(゚Д゚)

 

 

 

201905141

 

 

 

201905142

 

 

 

 

201905143

 

 

 

先生方、お手伝いしていただいた学生の皆さん、お疲れ様でした <(_ _)>

 

 

 

201905144

 

 

 

 

 

そんな中、空き時間に スキルアップ研修 がありました!

 

 

 

 

201905144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は 『 アイシング 』 について...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捻挫や打撲、スポーツ後のケアや応急処置として行われる『アイシング』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでは、足首を捻挫したときや野球の練習後に肩や肘を冷やすなど一般的・常識的に行われてきた『アイシング』ですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら最近見直されてきているようです (・o・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「冷やさない方がよいのではないか?」という意見があるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では捻挫などに対して 「冷やす」or「冷やさない」 どちらなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの問題については結論には至っていません...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院と致しましては、以前から東洋医学の考え方をもとに、その時々で対応させていただいております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱感や腫れがある部位を冷やすこともありますが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ときにはお灸をして症状を軽減させることもあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方の体質や体調、生活環境に合わせて、冷やすか冷やさないかを判断しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の中学生・高校生は部活などで捻挫をしても腫れない子が増えております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはどういうことなのか...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは食生活や生活環境などの変化が大きく、今までの人と体質が変わってきているということであり、人間も進化といったら大げさかもしれませんが、変わってきているのだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、そういった、腫れない捻挫は冷やしません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人はみんな体質が違います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院としては、そういった違いを見極めて最善の治療ができるよう、日々心がけております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「捻挫しちゃいました...」「歩けません...」「明日試合なんですが...」

といった症状!

なんとかなるかもしれませんよ!!

(+_+)

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.06更新

こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、久しぶりの連休ということもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でいろいろなところに行って参りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴ狩り、牧場、空飛ぶだんご(笑)などなど

 

 

 

201905061

 

 

 

201905062

 

 

 

充実した連休となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに子供を連日抱っこしていたので体は少しお疲れモード... (^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休最終日は、自分で鍼とお灸をしてしっかりセルフケア!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心も体もリフレッシュさせていただきました ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休明けも治療院頑張って参ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに連休明けは、体の疲労感、だるさ、無気力感など免疫機能がかなり低下しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、田んぼの田植え時期ということもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギックリ腰などの腰痛、膝が痛い、手足のしびれ、肩が痛くて手があがらないなどの症状が増える時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状をそのままにせずに、早めの治療をおすすめします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに今年は寒暖差が激しいので体調管理にはお気を付けください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.18更新

 こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 『 東洋医学の考え方 ~頭痛~ 』 について書きたいと思います!

 

 

 

201904181

 

 

 

下記は東洋医学の頭痛の原因です

 

 

 

 

 

●風寒(ふうかん)

●風熱(ふうねつ)

●風湿(ふうしつ)

●肝陽上亢(かんようじょうこう)

●痰湿(たんしつ)

●瘀血(おけつ)

●腎虚(じんきょ)

●気血両虚(きけつりょうきょ)

 

 

 

 

 

何やら難しい漢字が並んでおりますが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風寒」「風熱」は、いわゆる 風邪を引いている人 に多くみられる頭痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪を引いてしまい、頭痛があった場合、どちらかの頭痛かもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒気が中心 で発熱してもあまり高く上がらないのは「風寒」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高熱 がでるのが「風熱」の特徴です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に 「 肝陽上亢 」 ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事や家庭、生活環境などの ストレス 悩み事 が主な原因となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを 我慢 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラが爆発 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにそれが 長期化 して現れてくる頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏頭痛型で片側にみられることが多く

 

 

 

こめかみから頭のてっぺんにかけての痛み

 

 

 

持続的に張っているような痛み

 

 

 

精神的な緊張によって悪化

 

 

 

頭痛の痛む箇所が移動する

 

 

 

などの特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな頭痛がある方は鍼灸治療をしてみてはいかがでしょうか (^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの原因、「痰湿」「風湿」「瘀血」「腎虚」「気血両虚」はまたの機会にご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2018.09.22更新

 

NHKで30年ぶりの鍼灸の特集です!

 

 

 

 

 

9月24日(月)19:30からです!!

 

 

 

 

 

 

是非ご覧下さい ( ^o^)ノ

 

 

 

 

⇩ ⇩ ⇩

 

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=16113

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2018.05.17更新

 

こんにちは (^ ^)

 

 

 

 

 

先日、仙台国際ハーフマラソン がありました

 

 

 

 

 

今年も当院は、宮城県鍼灸師会の活動として、選手のケア をしてきました!

 

 

 

 

 

今年の天気は、晴天とまではいきませんでしたが、

 

 

 

 

 

何とか雨も降ることなく、涼しい気候だったので、

 

 

 

 

 

選手にとっては走りやすかったもではないでしょうか ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、少し気温が低く、風もあったため、体が冷えてしまっている選手が見られました。

 

 

 

 

 

足をつってしまい治らない方ふくらはぎのけいれんが止まらない方 など多くいらっしゃいました (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱中症や筋けいれんの予防として水分補給 塩分・糖分の補給 などはとても重要です。

 

 

 

 

 

しかし、東洋医学的な観点 からみますと...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走り終わったランナーは、体や胃腸を冷やしすぎない ことも重要になってきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はり体や胃腸を温める治療をすると足のつりやけいれんを抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汗の管理 や 冷たすぎる飲み物 などは注意が必要です。

 

 

 

 

 

ご注意ください!!

 

 

 

 

 

(以下の写真はボランティア、選手のケアの様子です。) 

 

 

201805171

 

 

 

201805172

 

 

 

201805173

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も様々な症状の方がいらっしゃいましたが、無事に終えることが出来ました

 

 

 

 

 

選手の皆さま、ボランティアに参加していただいた先生方、お疲れ様でした <(_ _)>

 

 

 

201805174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2018.01.18更新

 

ここ数日、この寒さのせいか、毎日のように ぎっくり腰 の方が来院されます

 

 

 

 

 

ぎっくり腰は、中腰での作業中や同じ姿勢からの急な動作のほか、

 

 

 

 

 

朝布団から起き上がるときや椅子・トイレの便座から立ち上がるときなど

 

 

 

 

 

ちょっとした動作で起こります!

 

 

 

 

 

「なんでこんなことで...」

 

 

 

 

 

と思う方も多いのですが

 

 

 

 

 

本当にちょっとしたことでなってしまいます (ToT)

 

 

 

 

 

 

 

以前、当院のブログでも紹介しましたが

 

 

 

 

 

ぎっくり腰の原因はさまざまです

 

 

 

 

 

筋肉由来のものや関節由来のもの、靱帯由来のものなどなど

 

 

 

 

 

我慢していれば「痛み」が落ち着くこともありますが、完治はしません

 

 

 

 

 

同じ箇所を何回も痛めたり、慢性化してしまったりします

 

 

 

 

 

我慢していれば「痛み」がとれるといっても、ヘルニアや骨折

 

 

 

 

 

重大な疾患が隠れていることもありますので

 

 

 

 

 

適切な処置、治療をおすすめ致します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

前へ
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 BLOG
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 facebook