ブログ

2019.05.16更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

副院長の弘務です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、以前取り上げた「東洋医学の考え方 ~頭痛~」の続編!!

 

 

 

20190516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は「肝陽上亢(かんようじょうこう)」による頭痛「風寒(ふうかん)」「風熱(ふうねつ)」による頭痛をご紹介させていただきました

 

 

 

 

 

詳しくはこちらでご確認いただけます

⇩ ⇩ ⇩

http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/2019/04/post-90-675148.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は『痰湿(たんしつ)』『風湿(ふうしつ)』による頭痛をご紹介させていただきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは『痰湿』によるものですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『痰湿』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不摂生な食生活!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘いものや脂っこいものの過食や偏食、暴飲暴食、また水分の取り過ぎ、お酒の飲み過ぎなどで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸に負担をかけることによっておこる頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっ?胃腸に負担をかけると頭痛が起こるの?」

 

 

 

 

 

っと思うかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすい例をあげると...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いもこれに相当します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、お酒でなくても胃腸に負担がかかると起こります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった食生活を続けると、東洋医学では 身体の中に「水がとどこおる」または「余分な水がたまる」 と考え

 

 

 

 

 

これを総称して「痰湿」と呼んでいます (^_^)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては

 

 

 

 

 

とくに前頭部の付近に痛みを感じ

 

 

 

頭はぼんやりし、重だるい感じ

 

 

 

 

 

頭痛以外の症状としても

 

 

 

体が重だるい

 

胸がつかえる

 

吐き気や嘔吐

 

などがみられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に『風湿』によるものですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天気予報頭痛」ともいいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、雨や雪、低気圧、梅雨の時期などに強く症状を現わすタイプの頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降る前に頭痛する方はこのタイプかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

この『風湿』による頭痛は、先程紹介した「痰湿」が体に溜まっている人がこれらお天気の影響で症状を発症します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては

 

 

 

 

 

頭を締め付けられるような、押さえつけられるような頭痛で頭が重い感じを伴います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の症状としては

 

 

 

体が重くだるい感じ

 

顔面部のむくみ

 

おしっこの量が減る

 

食欲不振

 

吐き気

 

めまい

 

などがみられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これら『痰湿』『風湿』ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも「痰湿」の影響を受けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「痰湿」がなかなか厄介なもので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治りづらい (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのであまりに「痰湿」が重度な方は食生活の改善が必要となります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボとしては「豊隆(ほうりゅう)」「中脘(ちゅうかん)」「陰陵泉(いんりょうせん)」などを使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボの部位については機会があればご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せんねん灸をする方はお灸でもいいと思いますよ ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの『瘀血(おけつ)』『腎虚(じんきょ)』『気血両虚(きけつりょうきょ)』はまたの機会にご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.14更新

こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の弘務です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、仙台国際ハーフマラソン があり、宮城県鍼灸師会 の事業で今年も ボランティア に行ってきました ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は天気にも恵まれて、暑すぎず、寒すぎず、ちょうど良い気温で、選手の皆さんも走っていて気持ちよかったのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は重症な方は少なかったのですが、ここ数年で 最多!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70名越え の利用者ということで大盛況でした!!(゚Д゚)

 

 

 

201905141

 

 

 

201905142

 

 

 

 

201905143

 

 

 

先生方、お手伝いしていただいた学生の皆さん、お疲れ様でした <(_ _)>

 

 

 

201905144

 

 

 

 

 

そんな中、空き時間に スキルアップ研修 がありました!

 

 

 

 

201905144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は 『 アイシング 』 について...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捻挫や打撲、スポーツ後のケアや応急処置として行われる『アイシング』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでは、足首を捻挫したときや野球の練習後に肩や肘を冷やすなど一般的・常識的に行われてきた『アイシング』ですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら最近見直されてきているようです (・o・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「冷やさない方がよいのではないか?」という意見があるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では捻挫などに対して 「冷やす」or「冷やさない」 どちらなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの問題については結論には至っていません...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院と致しましては、以前から東洋医学の考え方をもとに、その時々で対応させていただいております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱感や腫れがある部位を冷やすこともありますが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ときにはお灸をして症状を軽減させることもあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方の体質や体調、生活環境に合わせて、冷やすか冷やさないかを判断しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の中学生・高校生は部活などで捻挫をしても腫れない子が増えております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはどういうことなのか...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは食生活や生活環境などの変化が大きく、今までの人と体質が変わってきているということであり、人間も進化といったら大げさかもしれませんが、変わってきているのだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、そういった、腫れない捻挫は冷やしません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人はみんな体質が違います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院としては、そういった違いを見極めて最善の治療ができるよう、日々心がけております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「捻挫しちゃいました...」「歩けません...」「明日試合なんですが...」

といった症状!

なんとかなるかもしれませんよ!!

(+_+)

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.06更新

こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

副院長の弘務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、久しぶりの連休ということもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でいろいろなところに行って参りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴ狩り、牧場、空飛ぶだんご(笑)などなど

 

 

 

201905061

 

 

 

201905062

 

 

 

充実した連休となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに子供を連日抱っこしていたので体は少しお疲れモード... (^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休最終日は、自分で鍼とお灸をしてしっかりセルフケア!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心も体もリフレッシュさせていただきました ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休明けも治療院頑張って参ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに連休明けは、体の疲労感、だるさ、無気力感など免疫機能がかなり低下しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、田んぼの田植え時期ということもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギックリ腰などの腰痛、膝が痛い、手足のしびれ、肩が痛くて手があがらないなどの症状が増える時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状をそのままにせずに、早めの治療をおすすめします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに今年は寒暖差が激しいので体調管理にはお気を付けください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.05.03更新

 

GW明け 6日より営業しておりましたが、6日は満床となっております

 

 

 

 

 

7日以降は予約可能となっておりますが、徐々に予約がうまってきている状態です

 

 

 

 

 

治療ご希望の方はお早めにご連絡ください <(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.26更新

こんにちは ( ^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は患者様(佐々木様)より 「 クチコミ 」 を頂きましたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご紹介させていただきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木様は、長年のランナーでとくに足のメンテナンスで通院されている患者様です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、娘様は妊娠中につわりなどのマイナートラブルの治療で通院されていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201904261

 

 

 

長年、ランナーとして走ってきたのですが

 

翌日まで疲れが抜けなく

 

足腰共に痛みが出てくる年令となってしまい

 

娘に「体のメンテナンスを」と

 

今野接骨院さんを紹介され通院

 

鍼灸は痛いイメージがありましたが

 

気持ちよく

 

毎回 寝てしまっています

 

治療後はスッキリ

 

お灸の教室もあり

 

参加後は自分でケア出来ることは家で...

 

紹介してくれた娘が里帰り出産時

 

体調があまりよくなく

 

先生に相談

 

快く引き受けて頂き

 

鍼灸での治療のお陰様で無事に出産することが出来ました

 

先生方の丁寧な対応

 

不安や心配事を親身になって聞いて頂けるので

 

妊婦さんにもおすすめします

 

これからも生涯現役を目標にがんばりたいので

 

先生方よろしくおねがいします。

 

 

 

佐々木 朱実(50代)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長距離ランナーは、体のメンテナンスがとても重要です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木様には必要に応じて、自宅でせんねん灸によるセルフケアをしていただきながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期的に治療を続けていただいております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、妊娠中のマイナートラブルであるつわりや逆子、腰痛、肩こりなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療がおすすめですよ ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木様 クチコミありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも全力でサポートさせていただきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.22更新

20190422

 

 

 

 

 

GWはほぼ休まず診療いたします (^○^)

 

 

 

 

 

4月23日時点のGW中の予約状況ですが...

 

 

 

 

 

27日(土) 

 

30日(火) 

 

1日(水) 

 

2日(木) 

 

3日(金) 

 

6日(月) 

 

 

 

(※、◎…空き有り、○…やや空き有り、△…時間帯により空き有り、✕…空きなし)

 

 

 

となっております

 

 

 

 

 

とくに4月27日、5月3日は予約状況がいっぱいになってきております!

 

 

 

 

 

治療希望の方はお早めのご予約をおすすめ致します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.18更新

 こんにちは (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 『 東洋医学の考え方 ~頭痛~ 』 について書きたいと思います!

 

 

 

201904181

 

 

 

下記は東洋医学の頭痛の原因です

 

 

 

 

 

●風寒(ふうかん)

●風熱(ふうねつ)

●風湿(ふうしつ)

●肝陽上亢(かんようじょうこう)

●痰湿(たんしつ)

●瘀血(おけつ)

●腎虚(じんきょ)

●気血両虚(きけつりょうきょ)

 

 

 

 

 

何やら難しい漢字が並んでおりますが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風寒」「風熱」は、いわゆる 風邪を引いている人 に多くみられる頭痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪を引いてしまい、頭痛があった場合、どちらかの頭痛かもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒気が中心 で発熱してもあまり高く上がらないのは「風寒」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高熱 がでるのが「風熱」の特徴です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に 「 肝陽上亢 」 ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事や家庭、生活環境などの ストレス 悩み事 が主な原因となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを 我慢 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラが爆発 し...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにそれが 長期化 して現れてくる頭痛です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏頭痛型で片側にみられることが多く

 

 

 

こめかみから頭のてっぺんにかけての痛み

 

 

 

持続的に張っているような痛み

 

 

 

精神的な緊張によって悪化

 

 

 

頭痛の痛む箇所が移動する

 

 

 

などの特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな頭痛がある方は鍼灸治療をしてみてはいかがでしょうか (^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの原因、「痰湿」「風湿」「瘀血」「腎虚」「気血両虚」はまたの機会にご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.15更新

こんにちは ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はみな様に朗報です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院で『 PayPay 』を導入しました!

 

 

 

20190415

 

 

 

あのTVなどで宮川大輔氏がCMしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「100億円キャンペーン」などとドデカい企画をしている、あの『PayPay』です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院で治療費をPayPayでお支払い頂くと 最大で20%が還元 されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院で鍼灸治療 3,300円(自費)をお支払い頂くと660円分のポイントが戻ってくるということです (・o・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このポイントはPayPayを使えるお店ならどこでも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニや飲食店など、最近古川でもかなり増えてきております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPayの営業マンが話していたのですが、今年イオンに導入されるという噂も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにキャンペーン中のためPayPayで支払いをすると10回に1回 1,000円分のポイントが当たります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に私も使っていますが、かなり得してます (o^^o)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でこんなに景気がよいのかはっきりしたことはわかりませんが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ言えるのは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年10月に予定されている消費税の増税対策ということ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPayだけではなくPay(キャッシュレス決算)の市場が大変盛り上がっているようです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Pay』(キャッシュレス決算)は 国の政策 にもなっているということです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの間も楽天スタジアムで『楽天Pay』など、キャッシュレス決算だけで現金が使えなくなりました...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はPayPayの回し者ではございません (^_^;)笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みな様にお気軽に治療に来て頂けるように当院では導入いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でのお支払いについてですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸・接骨治療ともにPayPayがご利用いただけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、保険をご利用の方は保険分としてはご利用頂けません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、回数券なども金券扱いとなるためご利用いただけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険をご利用の方でも保険外箇所

(鍼灸の保険を使っている方は材料費等として頂いている1,080円のことです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はPayPayでお支払い可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,080円をPayPayでお支払い頂くと約200円分のポイントが戻ってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは大きいですよね (^_^)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非有効にご活用ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPayの20%還元はいつまで続くか分かりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは『100億円キャンペーン』が終了し次第ということですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業マン曰く、その後も続くかも...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPayをご利用になられたい方

 

⇓ ⇓ ⇓

 

https://www.paypay-corp.co.jp

 

をチェックしてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、当院でもPayPayのパンフレットやご登録方法の資料などをご準備しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお声がけください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でもキャッシュレス決算の波はすぐそこまで来ているのだと思います...

日本も現金を使わない海外のようになっていくのでしょうか...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.12更新

こんにちは (^○^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長の 弘務 です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、講師をしている 赤門鍼灸柔整専門学校 の入学式がありました

 

 

 

201904121

 

 

 

今年も多くの入学生を迎えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の有望な鍼灸師を育てていくと考えると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもワクワクして期待してしまいます (*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その分プレッシャーも大きく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は1年生の担当ではありませんでしたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気合いを入れて授業をしていきたいと思います ( ^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の院長と私(副院長)の授業の予定(当院不在の曜日)ですが...

 

 

 

 

 

火曜日: 15:30~ 副院長不在

 

水曜日: 11:30~ 院長不在

 

(※、9月より再度変わりますので、その際ご連絡致します。)

 

 

 

 

 

となります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予めご確認の上、ご来院ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

2019.04.04更新

 

GWのご案内です

 

 

 

 

 

20190408

 

 

 

 

 

4月27日(土) 通常受付(15:00まで)

4月28日(日) 休診日

4月29日(月) 休診日

4月30日(火) 通常受付

5月1日(水)   通常受付

5月2日(木)     通常受付

5月3日(金)     8:30~12:00の受付

5月4日(土)   休診日

5月5日(日)   休診日

5月6日(月)   8:30~12:00の受付

 

 

 

 

 

GW中は変則的な日程となっております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お間違えのないよう、ご確認の上ご来院ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、GW中、その前後は大変混み合うことが予測されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お早めのご予約をおすすめいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしくお願いします <(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 今野接骨院

前へ
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 BLOG
  • はりきゅう資生堂今野接骨院 facebook